トップページ トップページ > 教育の特色 > 中学 > 教育の特色

中学校 教育の特色

自分で未来を切り拓く「未来学力」を身につける。

東京家政大学附属女子中学校では、創立以来135年にわたり、建学の精神「自主自律」の道を歩み、生活信条「愛情・勤勉・聡明」を実践できる女性の育成に取り組んできました。

グローバルな視野と新たな価値観に基づく行動力が求められるこれからの社会。
急激な変化をともなう時代においては、自ら主体的に考えて行動できる力が求められます。

6年間の成長段階に合わせて体系的に学べる「中高一貫ステージ制(3ステージ+1)」と多文化共生社会で活躍する力を育てる新教育プログラム「躍進i教育」によって、自らの未来を切り拓くための力「未来学力」を身につけます。
そして自分自身の可能性を大きく広げ、輝ける未来へと「躍進」するのです。

建学の精神・生活信条

中高一貫ステージ制【3ステージ+1(プラスワン)】

生徒の成長段階に対応した4つの学びのステージ。
より高いレベルの英語力を養成するE CLASSを新設。

本校では、建学の精神「自主自律」のもと、「愛情」「勤勉」「聡明」を生活信条に、一貫して未来志向の女子教育をおこなってきました。いま、時代は大きく変わろうとしています。
そこで、「未来が求める女性像」をより具現化し、より近づくため、2015年度よりステージ制「3ステージ+1(プラスワン)」を導入。
また 2016年度からは、より高いレベルの英 語力を身につけるための「E CLASS」を第2ステージに新設します。
中高6年間を生徒の成長段階に合わせて4つのステージに分けた指導をおこなうことで「多文化共生社会で活躍する女性」「生涯学び続ける女性」「幸福な生活を創造できる女性」を育てます。

中高一貫「かせい」の学び

「自ら学ぶ」「仲間と学ぶ」主体的な学習者を育てます。

  • 理解重視型先取り学習
    6年間を見据えたカリキュラムを構築し、無理や無駄のない「先取り学習」を実施。じっくりこつこつと体系的な理解を重視した授業を展開し、確かな学力を養います。
  • 協同学習(アクティブ・ラーニング)
    「協同学習」は、生徒同士が意見を出し合い、お互いに学び合いながら全員が課題をクリアしていく学習スタイル。主体的に学ぶ力、仲間と協力して課題に取り組み解決する協調的問題解決力、さらには多角的に物事を捉える力など、“総合的な学力”を身につけることができます。また全教科で「協同学習」が取り入れられているのも大きな特色。「かせい」ならではの実践的なアクティブ・ラーニングです。
  • Kaseiセミナー(未来学力集中講座)
    第2ステージ(中2~高1)でおこなう全教科型の「探究講座」。何事にも「なぜ?」と疑問を持つことで学ぶ意欲を刺激し、主体的に学ぶ力を培います。
  • 英・数少人数分割授業
    理解度に差の出やすい英語と数学は、少人数制の分割授業によって丁寧に指導。理解度に応じた指導をおこなうことで、基礎学力の定着を徹底します。
  • 学習サポート
    教員一人ひとりが、生徒の疑問をそのままにしないきめ細かなサポートをおこないます。また、学習・進路部を中心に、生徒が自ら学ぶ力と進路実現のための高い学力を身につけるための学習サポートプログラムを企画、実施しています。
  • 中高一貫だからできる!21世紀型未来学力を大きく伸ばす
  • □中高一貫の無理のないカリキュラムで実力アップ
  • □メリハリのあるプログラムでコツコツ学ぶ“かせいスピリッツ”を育成
  • □アクティブ・ラーニング(協同学習)で磨くクリティカル・シンキング
  • □グローバル時代を生きる英語力(4技能)を習得
  • □大学入試改革に対応した新カリキュラムで進路実現

画像をドラッグ(スワイプ)すると、他の部分も見ることができます。

かせいのステージ制【3ステージ+1(プラスワン)】

躍進i教育

躍進i教育とは

地球規模で考え行動するボーダレス時代にあって、必要とされるスキル
intercultural communication (異文化間コミュニケーション力)
information literacy (情報リテラシー)を習得し、
inclusive community (様々な人たちを包み込む社会)
の創造に貢献できる女性の育成を目指します。
躍進iは、様々な価値観をもつ人たちや私たちの命を育む環境と調和しながら
心豊かにたくましく「生きる力」を育てます。
「あなたが主役」そして「競争ではなく共創」が、躍進i教育の基本コンセプトです。