トップページ トップページ > 教育の特色 > 中学 > ヴァンサンカン・プラン

中学校 ヴァンサンカン・プラン

25歳の「なりたい自分」に近づくために。

ヴァンサンカン・プランとは

ヴァンサンカンはフランス語で「25歳」のこと。社会の中で自己を確立し、活躍し始める25歳を目標に、自分の理想の未来像を思い描き、その実現のために「今、何をすべきか」を具体的に考え、人間力を高める中・高・大連携キャリア教育プログラムです。

自分自身や学園について知るための「自分史作成」「家政探検」に始まり、成長段階に合わせて視野を広げ、職業や進路について考えるための「ボランティア体験」「OG講演会」、そして「学部・学科研究」など、さまざまな探究プログラムに取り組みます。

高校では、希望進路実現のために、より実践的な講座や東京家政大学の教授による「模擬授業」を受けることができます。また、「芸術鑑賞会」「マナー講座」などの体験的な行事で豊かな人間性を養います。

さらに特徴的な取り組みは、中2、高1、高3それぞれの時期に「25歳の私」をテーマに作文を書くこと。時間をおいて「25歳の理想の自分」について書くことで、自分の目標や成長を確認することができます。

スピーチ大会

スピーチ大会

家政探検

家政探検

OG講演会

OG講演会

「ヴァンサンカン・プラン」中高6年間の活動内容

中1

自分を知る、家政を知る

  • 自分史の作成
  • 家政探検
中2

働くことについて考える

  • ボランティア体験・発表
  • 職業研究
  • 「25歳の私」作文
中3

進路について考える

  • キャリアガイダンス
  • 学部・学科研究
    (オープンキャンパス参加)

中学 各学年共通の取り組み

  • ●OG講演会
  • ●文化講演会
  • ●芸術鑑賞会
  • ●食育教室
  • ●マナー講座
  • ●スピーチ大会
  • ●エゴグラム診断
  • ●グループコミュニケーション など

高校 目標進路実現のための具体的な取り組み

  • ●CASプログラム
  • ●学部・学科研究
  • ●企業インターンワーク
  • ●論文ワーク
  • ●OG講演会(社会人)
  • ●家政大学模擬授業
  • ●「25歳の私」作文 など