トップページ トップページ > 学校生活 > 学校生活Q&A(中学校)

学校生活Q&A(中学校)

学校生活

校則(生活指導)は厳しいですか?
「規律正しい学校生活、身だしなみを大切に」を基本方針として、「日常の心得」を定めています。中学生らしく過ごし学業に集中することができるようにするための心得です。本校の教育方針、校風を理解していただければ、特に厳しいと感じることのないものです。
礼法やマナーなどの指導はありますか?
授業内でおこなうように定められた礼法の時間はありませんが、中学生らしい振る舞いや身だしなみを心がけるよう日頃から指導しています。また、年2回、外部から専門の講師を招いてマナー講習をおこなっています。
携帯電話の所持について教えてください。
学校生活に必要ないものを校内に持ち込むことを原則として認めていませんが、携帯電話については、ご家庭が通学時の緊急連絡用などの理由で必要であると考えた場合、届け出をして校内に持ち込むことができます。ただし校内での使用は認めていません。朝、HRで担任の先生が貴重品として預かり、帰りに返却します。
いじめや生徒間のトラブルへの対応はどうなっていますか?
どのような問題でも担任・学年担当者が連携してすぐに対応しています。また、本校には日常的に生徒と関わっている専任のスクールソーシャルワーカーがおり、担任と連絡を密にして問題解決にあたっています。
アルバイトや芸能活動はできますか?
原則として禁止しています。

クラス編成・高校進学

クラス替えはありますか?
中学校では毎年クラス替えがあります。
高校のクラス編成はどうなっていますか?
一貫生は中高一貫のカリキュラムで学習内容の先取りをしているため、高校2年まで、高入生とは別クラスとなります。高校3年では、希望進路と選択科目によるクラス編成(文系・理系)になっています。
中学から高校へは全員が進学できますか?試験はありますか?
中学3年間の学力を見るための参考として高校の入学試験を受験しますが、生活面で特に問題がなければ、希望者全員が高等学校に進学できます。

授業・学習指導

学習内容の先取りはおこなっていますか?
併設型中高一貫校として中高一貫のメリットを活かしたカリキュラムを編成。5教科の時間数を十分に確保し、体系的な理解を重視した丁寧な学習指導で、まず基礎学力を定着させます。その後徐々に進度を速め、結果として先取りとなる授業をおこないます。
補習や講習について教えてください。
授業時間以外にも、みなさんの学習活動をサポートしています。放課後や長期休暇を中心に、弱点を克服するための補習と力をさらに伸ばすための講習をおこなっています。補習・講習以外にも本校独自の取り組みとして「自習道場」「自学教室」という自学・自習の場も設けています。
学校ではどんな検定試験が受けられますか?
英検は年3回(1回は全員必修、2回は希望者のみ)、漢検は年1回(全員必修)受検できます。パソコン検定も希望者が受検することができます。いずれの検定も、授業や講習などで教科担当者が受検指導をおこなっています。
水泳の授業について教えてください。
本校には独立した温水プール施設があり、一年を通じて泳ぐことができますが、水泳の授業は中学1年から高校2年までの体育の授業で、年間約10回おこなわれています。