• facebook
  • youtube

中学校 JUNIOR HIGH SCHOOL

 

授業とカリキュラム

中学校から高校へ、すべての教科を段階的・体系的なカリキュラムで学びます。そのため知識の習得はもとより、自主的に考える力・学ぶ力を身につけることができます。

5教科の特色

  • 英語科
    「かせい」で英語を勉強し、世界に羽ばたく女性になる志和 麻衣子先生
    テーマに沿って自分でトピックを設定、調べ、発表するという探究を含んだ授業を展開しています。アクティブ・ラーニングではグループで学び合う時間や英語でプレゼンテーションする時間を設けています。授業以外でも英語を学ぶ機会がたくさんあり、意欲のある人はどんどん英語に触れることができます。
  • 国語科
    扱う題材を通して「考える」練習をおこないます中村 朋世先生
    授業では「考える」練習をおこないます。物事を「考える」ことでより広い視野でものを見る力を高めます。生徒には国語を土台にさまざまな分野に興味を持ってほしいと考えており、例えば環境に関する説明文を読む時は、身近な環境問題について問いかけたりしています。教科書の内容が社会につながっていることが分かると学ぶ意味を実感できます。
  • 数学科
    数学は問題を解く楽しさを1番感じられる教科です島田 朱梨先生
    対話を通して深く考え学び合う授業を展開しています。「この公式はなぜ成り立つのか」という疑問から「これは社会でどう役立つのか」という疑問までさまざまなことを話し合います。問題が解けると楽しくなり、楽しくなると難しめの問題に挑戦する意欲が湧いてきます。簡単な問題からスモールステップで課題に取り組み成功することで、意欲向上に繋げます。
  • 社会科
    「なるほど」と「わかる」「気づき」のある授業を今堀 治子先生
    生徒が自分で考える・調べる、級友と共に調べる・考える時間を多くとり、「なるほどそういうことだったのか」と「わかる」「気づき」のある授業を展開しています。授業後は確認テストなどで内容を振り返ります。社会科は文字通り社会(世の中)のことを学ぶ教科です。「いろいろなことを知りたい」という気持ちを大切にしてください。
  • 理科
    授業では積極的に言葉かけをおこなっています松原 寛子先生
    授業の中で生徒から出た質問や疑問をクラス全体で共有したり、問題演習ではお互いに教えあう時間を設けるなど、生徒一人一人が理解を深められるようにしています。実験では、班のメンバーと協力して取り組めるように進め方を工夫しています。理科は身の回りのさまざまなことに利用されています。勉強していく中で「面白い」と思えることが多い教科です。

カリキュラム

カリキュラム

* 総合的な学習の時間として、下記の通り設けています。

(1) 朝の読書(毎朝10分間)
(2) 土曜日の特別プログラム
(3) 特定の期間(学校行事)

※2020年度については変更を予定しています。