1. HOME
  2. 学園について
  3. 沿革・校章・校歌

沿革

明治14年
本郷湯島に「和洋裁縫伝習所」を創立
明治25年
「東京裁縫女学校」と改称
昭和 6年
「東京裁縫女学校」を「渡辺女学校」と改称
昭和16年
高等女学校令に準拠した「渡辺高等女学校」設立
昭和22年
学制改革に伴い、新制の「渡辺女子中学校」を設立
昭和23年
同じく新制の「渡辺学園女子高等学校」を設立して、「渡辺高等女学校」を廃止、「渡辺女子中学校」を「渡辺学園女子中学校」と改称
昭和24年
東京女子専門学校」が「東京家政大学」に昇格したのに伴い、中学校は「東京家政大学附属女子中学校」、高校は「東京家政大学附属女子高等学校」と改称
昭和56年
創立100周年記念式典を挙行
平成14年
120周年記念館竣工
平成18年
創立125周年記念式典を挙行
平成30年
創立137周年を迎える

校章

中学校校章 高等学校校章

徽章の中心となっているコバルト色の台は、古代の騎士が用いた楯を形どり、上部に燃え立つかがり火を、下部に翼を広げた白鳩を配しています。楯は身を守りながら進む武器であることから「強固な意志」を表し、四方の闇を照らすかがり火は「叡智と聡明」を、燃え立つ焔は「真心と情熱」を、そして大空に羽ばたく白鳩は「自由と平和」を象徴し、また、鳩の純白は「純潔」を意味しています。

校歌

再生