1. HOME
  2. 高等学校
  3. 進路
  4. OGメッセージ
高等学校OGメッセージ

社会人メッセージ

培った知識・経験を次の世代へ伝え、
自分も学び続けられることが魅力です。

東京家政大学栄養学科 助教 Kさん

  • 東京家政大学附属女子高等学校 2011年度卒業
  • 東京家政大学 家政学部 栄養学科 2015年度卒業
私は東京家政大学栄養学科の助教として、調理実習・実験の授業に携わっています。また、自分も所属する応用調理学研究室では、卒論生や大学院生への指導を行う傍ら、自身の研究として、調理学や家政学をはじめとする学会発表や講習会参加も行っています。高校では、授業や学校行事・課外活動を通して「自主自律」の精神を学び、自分の将来像について考える機会に恵まれました。特に、ヴァンサンカン・プランを通して、入学時・卒業時に書いた「25歳の私」という作文は、今の自分に大きく影響しています。作文を書くにあたり、入学時は「英語に携わりたい」、卒業時は「偏食の子どもを減らしたい」と考え、悩んだ末、卒業後は栄養学科へ進学しました。しかし現在では、国際学会で研究成果を発表する機会もあり、入学時・卒業時に思い描いた2つの「25歳の私」をどちらも叶えることができたため、「かせい」での取り組みの大切さを、身をもって感じました。

喜んでいただいたとき、感謝の言葉をいただいたときに
この仕事に就いて良かったと感じます。

株式会社JALスカイ 勤務 Uさん

  • 東京家政大学附属女子高等学校 2011年度卒業
  • 日本女子大学 人間社会学部 教育学科 2015年度卒業
私は羽田空港国内線ターミナルでJALのグランドスタッフとして働いています。お荷物のお預かり、チェックインやチケットの発券、搭乗アナウンスなど内容は多岐にわたります。忙しいビジネスマンや旅行を楽しむお客様など、それぞれに求めていることは何かをお客様視点で考えて行動することが大切になります。中学・高校の6年間合唱部として先輩や同級生、後輩、先生方と心を一つにして同じ目標に向かった毎日があったから、人の視点で考えることや人を思いやる気持ちが身についたと感じています。ヴァンサンカン・プランでは中学3年生の緑苑祭で職業をテーマに全クラスが発表しました。私のクラスは職業の種類について調べましたが、私は宝塚歌劇団が好きだったので、「かせい」出身のタカラジェンヌに直接お話を伺って、それをまとめました。自分の興味がある職業を調べ発表することで、夢に向かってその時やるべきことを真剣に考えられるようになりました。
高等学校OGメッセージ