• facebook
  • youtube

高等学校 SENIOR HIGH SCHOOL

 

授業とカリキュラム

すべての教科を段階的・体系的なカリキュラムで学びます。そのため知識の習得はもとより、自主的に考える力・学ぶ力を身につけることができます。

5教科の特色

  • 英語科
    英語が使えると世界中で素晴らしい経験ができます大滝 哲先生
    生徒が自ら考え、自分の英語を発することを意識しています。授業ではスピーチやプレゼンテーション、エッセイライティングなどのアウトプットを多く取り入れ、自分が伝えたいことを発信する主体的な学びを促します。また、学び合いも積極的に取り入れ、クラスメイトがお互いを高め合えるような環境づくりも心掛けています。互いが安心し努力できる環境の中で、学び合い、世界言語である英語を使える自信をつけてもらいたいです。
  • 国語科
    生徒が疑問を持ち、考え、また次の疑問が生まれる授業を小泉 徹先生
    授業では生徒が疑問を持ち、考える時間をつくっています。解決してなお次の疑問が生まれてくるのが理想です。生徒の学力や意欲を向上させるため授業レベルを決して落とさないよう心掛けており、またアウトプットの機会をなるべく多くつくっています。国語とは世の中と直接結びつく教科であり、受験が終われば終わりということはありません。現代文の評論は今の世の中で起きていることがテーマになっていますし、古典は私たち日本人の特徴を鏡のように見せています。グローバルな世界で生きるとき、日本の文化を語る材料になります。
  • 数学科
    答えの正誤だけではなく、考える過程を大切にする森田 克彦先生
    「生徒自身が自分で考える時間」が授業のメインであることを心掛けています。なぜその答えが正しいと言えるのか、逆になぜその答えが間違っているのかを考え、解答の正誤だけでなく、その考えに至るまでの過程を大切にして授業を展開しています。多くの考え方や解き方がある中で、なかなか「正しい答え」に辿り着くことができず、思い悩むこともあるかと思いますが、だからこそ苦労して解けたときの達成感は格別なはずです。最後まで諦めず、自分を信じて頑張ってください。
  • 理科
    たくさんの実験授業も用意しています鈴木 文先生
    物理、化学、生物、地学をすべて学べるカリキュラムを通して、日常生活に応用できる知識を深めています。授業では図や公式がメインのシンプルなプリントを使用します。自主的に解き方を身につけられるように作成していて、授業内容を書き込むことでオリジナルのプリントになります。また、授業内にICTを積極的に取り込んでおり、分かりづらい事象は動画により視覚的に理解を促したり、復習としてその日の授業内容を動画配信しています。生徒一人ひとりの考えを大型スクリーンに映し、考え方の共有もおこなっています。
  • 地理歴史科 公民科
    一歩踏み込んだ視点を示し、より深い理解を得る松村 道夫先生
    倫理、政治経済ともに基本用語の習得・定着を図るため、生徒が正確な理解をしているか確認しながら授業を進めています。その際「この出来事が起きた理由は何か、背景にはどんなことがあるか」という視点を示し、より深い理解を得られるようにしています。その他、現代社会の諸課題について生徒が身近な問題として捉えられるよう、動画や新聞記事で時事問題を紹介しています。また、グループ学習での意見交換を通じて他のメンバーの考えを知り、調べ学習や発表を通して、自ら学び、表現する力を養います。

カリキュラム

カリキュラム

*総合的な学習の時間として、下記の通り設けています。

(1)朝の読書(毎朝10分間)
(2)土曜日の特別プログラム
(3)特定の期間(学校行事)
※2020年度については変更を予定しています。